シンポジウム
「Bridge to the future グローバル時代の医療情報利活用実現に向けて」

 

CISAシンポジウム「Bridge to the future   グローバル時代の医療情報利活用実現に向けて」はお陰様で盛会のうちに終了いたしました。

当日の発表資料を下記よりダウンロードできますので、是非ご活用ください。

なお、招待講演の千田氏、及びCISAの今後に向けた活動・研究事例発表の室氏の資料はご講演者のご都合により掲載を控えさせていただいております。
また千年カルテシンポジウムの講演資料についてはhttps://goo.gl/YPynRWをご確認ください。

 

◆当日の発表資料(右クリックでダウンロードできます)

資料pdf研究ニーズを取り込むスパイラルな医事・検査データ分析プロトコルの構成に関する考察 粂 直人 氏



シンポジウム概要

1. テーマ:

「Bridge to the future グローバル時代の医療情報利活用実現に向けて」

 

2. 日 時: 2017年2月3日(金)13:30〜17:50
 (1) 第一部 CISAシンポジウム :13:30〜14:50
 (2) 第二部 千年カルテシンポジウム:15:00〜17:50
 (3) 意見交換会 :18:00〜
※13:00より受付開始いたします。
3. 会 場:

東京 KITTE 4階 カンファレンスルームA (東京都千代田区丸の内二丁目7番2号)
(最寄駅)東京駅
(MAP)< http://jptower-kitte.jp/access/index.html>

4. 主 催: 一般社団法人医療統計情報プラットフォーム研究会(CISA)
特定非営利活動法人日本医療ネットワーク協会(JMNA)

 

5. プログラム

■CISAシンポジウム(13:30〜14:50)

(1) 開会挨拶(一般社団法人医療統計情報プラットフォーム研究会 代表理事 吉原 博幸)

(2) 招待講演 

「製薬企業における医療情報利活用事例と今後への期待」

バイエル薬品株式会社 千田 崇宏 氏

(3) CISAの今後に向けた活動 ・研究事例発表

1. 市中肺炎患者における血液培養検査が抗菌薬使用方法と入院期間に与える影響

長崎大学 室 高広 氏


2. 研究ニーズを取り込むスパイラルな医事・検査データ分析プロトコルの構成に関する考察

京都大学 粂 直人 氏

 

■千年カルテシンポジウム(15:00〜17:50)

 (千年カルテシンポジウムの詳細は https://goo.gl/YPynRW をご覧ください)

(1) 千年カルテプロジェクトの紹介

日本医療ネットワーク協会 理事長 荒木 賢二

(2) 政府が考える次世代医療デジタル基盤の構築

内閣官房 健康・医療戦略室 藤本 康二 氏

(3) The Future of Healthcare Information Technology

ハーバード大学 Dr. John Halamka

(4) openEHR - a platform for health in the digital age

openEHR Foundation  Mr. Thomas Beale

 

以上